« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

019 Lohasな生活???

SansaiKabu_1還暦を過ぎた父の趣味。それは登山と山菜採り。
突然思い付いて、携帯も持たず、詳しい行き先も言わずに出ていくので、家族としてはけっこう心配。
しかし『半年前に山で行方不明になった男性を遺体で発見』というニュースを見たのか、年齢を自覚して来たのか、今日は一応、母に行き先と予定を告げていったらしい。
深夜3時に家を出て、会津田島の方に山菜採りに行ったそうな。
お目当てのクレソンは無かったみたいですが、フキノトウ・こごみ・毒セリを採って来てくれました。(毒セリはもちろん廃棄処分です)
フキノトウは天ぷら、こごみは油炒め&天ぷらに。
だいぶ食べてから撮影したので見栄えが悪いですが、左の写真で渦巻いてる緑のが「こごみ」、黄緑色が「フキノトウ」です。
自然の香りと苦みがたまらない、春の贅沢。

ふと気付くと、我が家の本日の夕飯メニューったら
 一、赤かぶのマリネ (我が家の家庭菜園で作った)
 一、茹でアスパラ (同じく家庭菜園育ち)
 一、タケノコの煮物 (ご近所さんが採って、おすそ分けしてくれました)
 一、フキノトウとこごみの天ぷら (父の戦利品)
と、麻婆豆腐と納豆以外は、ほぼ自給自足。
これ、都会のフツーの食卓では、稀なことですよね。

今、「ロハス」(=Lifestyle of health and sustainability という英語の略。持続可能な健康と社会に配慮したライフスタイル)なる言葉がもてはやされているようですが、日本人は元々そういう暮らし方を何のてらいも無く、普通にしていたはず。
「ロハス」なんて借りて来た言葉を今さらありがたがらなくてもいいのに、と思ってしまうわけです。
ま、流行り言葉ってやつだから仕様がないですかねー。
横文字のモノを『輸入』すれば、『次の流行』に餓えた薄っぺらい大衆が食い付きますもんねー。
カテゴライズしちゃった方が企画とか立てやすいだろうし。

でも、都会で「ロハス」な生活送るって、“持続可能な”とはいえ、けっこー大変そう・・・。
空気も水も澄んでないし、土地が無いと家庭菜園なんて無理だし、有機野菜は買うと高いし、亭主の靴下は汚いし。
(あ、ひとつ関係なかった)
都会には都会の良さがあるんだから、流行に踊らされず、都会人らしくジャンキーに生活すればいいのに。
流行ってフシギですね。

まぁ、オシャレな言葉に踊らされてるとはいえ、皆が環境に配慮しつつ健康に良い生活を送るのは、良い事だ。
という結論にしておこう。

あ、冒頭の右側の写真は採りたての赤かぶです。

これはまさに、自然の宝〜石〜箱や〜〜〜!!!

・・・・・・・・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年4月26日 (水)

018 熟女と呼ばないで

モナコにバカンスに行っていたら、あっという間に4月も終わり。
日本はすっかり初夏らしくなったようですね(今日の雷雨にはビックリしたけど)。
モナコ滞在中、更家氏に個人レッスンを受けていたおかげで、すっかりスリムになって帰って来ました。
しゅっ、しゅっ


それはそうとみなさん、
テレ東の「世界卓球2006」観てらっしゃいますか?
そう、愛ちゃんが出場してる大会のTV中継です。
試合はもちろんの事、オモシロイのですよコレが。
いろんな意味でね。
テレ東、何を思ったかK-1みたいに
「世界最高の七色王子サーブ!」とか
「中国五千年の大和魂!」(なぜ四千年ではない?)とか
選手にいちいちキャッチフレーズを付けてるワケさ。
極めつけが、米国選手の

「テキサスの熟女学生」
・・・・・もっと何か、彼女を表現するwordは無かったものか・・・。

そんなエ○ビデオのタイトルみたいなキャッチフレーズ、いらんわっっっ。
しかも熟女っていうから何歳かと思いきや、35歳ですって!!!
えっ何??? 35って、世間では熟女と呼ばれてしまう年齢なの?!


・・・・・がーーーーーーーん・・・・・。

あと何年かしたら、私も立派に熟女の仲間入り・・・・・・・。
あはははははは〜〜〜
〜〜〜・・・・・・。(乾いた笑い)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »