« 021 1192作ろう、鎌倉幕府 | トップページ | 023 どーでもいいですよ♪ »

2006年5月14日 (日)

022 豆鉄砲を食らうとこでしたよ

GW中、我が家に珍客が。(またまたネタが古くてすみません)
子鳩だ。
Hato_1親鳩と飛行訓練をしている途中、我が家のビワの木に止まったまではいいが、そのまま飛び立てなくなったらしい。
身長156cmの私の目線の高さに、身動きできず止まっている。
しばらくは親鳩が誘導しようとしたり口移しでエサをやったり(すなわち自分ではエサが食べられないくらい幼いという事ですね)していたようだが、この子鳩ちゃん、どーにもこーにも動けない。
家族総出で庭の手入れをしていた事もあってか、親鳩はどこかへ飛び去ってしまった。

3、4時間経っても親鳩が帰って来る気配はなく、だんだん日が暮れて寒くなって来たのだろう、子鳩ちゃん、体をまぁるく膨らませて目を閉じてしまった。
体が小刻みに震えて、明らかに衰弱してきている。
このまま放っておけばドラ猫のエサにされるか、はたまた衰弱死か、どちらにせよ死んでしまうのは明白だ。

にっちもさっちもどーにもブルドッグ(鳥だけど)、仕方なく捕獲→保護作戦に移る事にした。
段ボール箱に細かく切った新聞紙を敷き詰める。
インフルが怖いので、ビニール手袋にマスクをして完全防備、
さぁ!!青島、確保だーーー!!!( by ギバちゃん)
と思ったら、出しゃばりな父、「オレがやる!!」
はいはい、そーですか、素手でやったらインフルの恐れがありますけど・・・
と言う間もなく、父が手を伸ばすと
バァッッッサーーーッッッ!!!
今まで身動きひとつしなかった子鳩ちゃんが、私目掛けて飛んで来た。
「ぎやゃぁあーーーっ」と避けたら、頭上のブドウ棚へ着地。ほっ。

何だ、飛べるじゃーん、じゃー放っておいても平気かな・・・と庭でバーベキューをやり出す一家。
そのままブドウ棚に止まっていられると肉に落とし物をされる or 焼き鳥になってしまいそうなので、再びしっぽを突ついて、今度は屋根の樋まで飛び立たせる。

そうこうしている内に、見限ってどこかへ飛んで行ったと思われた親鳩が帰って来た!
やはり鳩とはいえ、親子の情は厚いらしく、今まで聞いた事がないような切羽詰まった声で子を呼んでいる。
今まで、どこかに隠れて見守っていたのかな。

鳥類は苦手なのだが、動物親子の愛情を感じた1日であった。
その後、親子は無事に巣へと帰っていったようである。
めでたしめでたし。

|

« 021 1192作ろう、鎌倉幕府 | トップページ | 023 どーでもいいですよ♪ »

コメント

数年前から我が家の庭には、
年に数回キジバトが巣を作るようになりました。
おそらく同じ鳩一族と思われ、
巣作りの場が代々受け継がれているようです。
台風やカラスに巣を襲撃されたり、
ひな鳥が巣立った直後ドラ猫に葬られるわ、
孵化前に卵が落下するわと、
何度となく涙を流し 見守ってきた我が家。
ユズ八さんとこの鳩が無事巣立って、
ホッといたしましたです。

投稿: サカ | 2006年5月16日 (火) 00時30分

>サカさん
ステキなお話ありがとうございます!
代々巣作りに来るとは、よほどサカさん家のお庭を気に入ってるんですね。
それだけ頼りにされると、可愛くて愛情湧いちゃうでしょうね〜
無事巣立ちする日を、家族の皆さんが母親のような気持ちで祈っているのでしょうね。
自然界で目の当たりにする「いのち」って、厳しいけれど美しいですよね。
いのちを粗末にするひとにも見て欲しいです。

投稿: ユズ八 | 2006年5月17日 (水) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59616/1798863

この記事へのトラックバック一覧です: 022 豆鉄砲を食らうとこでしたよ:

« 021 1192作ろう、鎌倉幕府 | トップページ | 023 どーでもいいですよ♪ »