« 2006年4月 | トップページ

2006年5月20日 (土)

027 最近 観た映画 その2

『 プロデューサーズ 』P2

落ち目のプロデューサーであるマックスと気弱な会計士レオ。ある日、マックスの帳簿を調べにやって来たレオが、<出資者から製作費を集める→ 一晩でショウがコケる→ 出資者に配当金を払わなくてすむ→ プロデューサーが儲かる>という失敗作で大儲けする方法を大発見したことから彼らの利害は一致。マックスは大金を、レオはプロデューサーになる夢を実現するため「最低の脚本」「最低の演出家」「最低の出演者」を集めるが・・・。

唐沢寿明 × おすぎ の掛け合いCMでお馴染みのミュージカル映画。
「おすぎ史上、最高に楽しいを約束します!!」の言葉に偽りなし、本っ当ーに面白い!!
最初から最後までおバカネタ満載、笑いっぱなしに加えて、純粋にミュージカルの楽しさも味わえる。

2人の出会い 〜 ブルー毛布のくだり でクスリと最初の波が来て、
会計事務所の一連のシーンで、はいドーーーン!!!
楽しさ、大津波級です。
♪♪♪アイ・ワナビー・ア・プロデューサー♪ ♪♪
♪Unhappy・・・♪Unhappy・・・♪の所、笑えた〜〜
 でも何で会計士さん=サンバイザーなの?!
 誰か教えて〜〜)

最低の脚本の作者に交渉に行く屋上でのシーンも面白い。
脚本家フランツの壊れっぷり(ドイツ人が観たら、苦笑い?)とか
「・・・・・」って目配せし合いながらも従う2人とか。
伝書鳩ちゃんたちも大熱演です(笑)特にアドルフ!!

ゲイ人大集合!!のシーンも最高だったなぁ〜〜
ロジャー登場のインパクト(いわゆる出オチ)をはじめ、
ひとりの股間が「ありえないだろ!?」ってくらい
まり○っ○○(←自主規制)してて、母親が隣にいたのに大爆笑しちゃいましたもん。
♪ゲイ♪ゲイ♪ゲェ〜〜〜イ♪って歌い踊るゲイのみなさんがすごく楽しそうで、「あぁ、映画の中に入りたーーーい!!!」と思いました。

母親は おばあちゃん ' s がツボだったらしく、
歩行器ラインダンスとか裁判所でのコーラスに大爆笑してました。

そこの5月病のアナタ!!
これを観れば悩みなんか吹き飛ぶこと間違いなしです!!
1人ではなく、気兼ねなく爆笑できる“ 連れ ”と一緒に行くことをお勧め。
その時は、エンドロールが終わっても「帰れ!!」って言われるまで席を立たないでね!!

いやーミュージカルって、ほんとーにいいものですねー(水野晴郎ふう)。
よーし、この勢いで『RENT レント』も観るぞー!!

あと『ブロークン・フラワーズ』でしょー
『嫌われ松子の一生』でしょー
『間宮兄弟』!!
そうそう、ウワサの『かもめ食堂』も忘れずに観なきゃ。

一緒に爆笑 & 号泣してくれる“ 連れ ”、募集中でーす☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

026 最近 観た映画

プロフィールに「興味のあること:映画」なんて書いておきながら全く話題にしていなかったので、ここいらで最近観た映画の話でも。

『 ナイロビの蜂 』

Robi8_1アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)のもとに届いた突然の訃報。それは、救援活動に励んでいるはずの美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)のものだった。失意の中、妻の死の真相を独自に調べたジャスティンは、妻が追っていたイギリスの製薬会社による汚職事件に辿り着く。

妻の死を巡るサスペンスに引き込まれ、最後には色々なことを考えさせられる映画です。
重くて、痛い。
自分が平穏に暮らしている世界のどこかで、現実に起こりえるであろう恐ろしい出来事。
一部の先進国の暴利のため犠牲にされる、罪のない多くの人々。
それを知ろうともせず、漫然と豊かさを甘受する我々—。
言葉がないです。
それ故に、アフリカの自然の美しさ、子供たちの笑顔などが胸に焼き付きます。
救いは、最後に知る「夫婦の愛」でしょうか。
もっと他に方法があったのでは、とも思ってしまいますが。
(公式サイトを改めて見たら、『地の果てで、やっと君に帰る。』というコピーが。あぁ〜 そういう意味か〜、と ちょっと切なくなりました)
妻テッサを演じたレイチェル・ワイズは、この作品でアカデミー賞助演女優賞を受賞したそうですが、確かに印象深い。
その視線やしぐさに「妻テッサは、悪女か?聖女か?」と惑わされてしまいます。

最後に心に残ったのは、美しい砂漠と子供たちの笑顔。そして切ない音楽。
世界の現実に一瞬でも目を向けられただけでも、観て良かったのかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

025 気になるお相撲さん

リンク: Yahoo! ������ - �˥塼�� ��ݡ���.

その名は把瑠都 凱斗(ばると かいと)。Baruto
エストニア出身〜、三保ヶ関部屋〜。西前頭11枚目〜。
相撲に詳しくないのでよくわからんが、出世が早い事で話題になっているらしい。
今場所も、現在2敗を守って頑張っている。

はじめに見かけたのは、ANAの『エコ割』のCM。
焼肉屋さんで、高見盛に
「ハンガリーでは、塩が足らない時“シオタラン”て言うんですよ」
と流暢に話かける役でした。

『 行っちゃったほうが、早いんじゃないの? 』
という一連のこのCMが好きだった事もあり、
「今回も面白いな〜 高見盛も上手いけど、
ほかの2人の間も絶妙だな〜 しかもすごい日本語上手!」
「この2人は本物の力士なのかな?
でも見た事ないし、役者さんかなー」
と気になっていたのです。
(ちなみにもう1人も白露山という本物の力士さんだそう)
なので、ニュースで見かけた時は
「あ!!あのコだ! 本物だったのか〜」
とちょっと嬉しくなってしまいました。

四股名の「把瑠都 凱斗」は“バルト海”から まんまいただいてるのかなと思いきや、「凱斗」は 本名 Kaido のエストニア語読み「カイト」の音に、「日本で素晴らしいものをつかみ母国に凱旋してほしい」という願いを込めた漢字をあてて、親方が名付けたものだそうな。
なんか、いい話ですねー。

ショービジネス系の世界では、外国人が日本に来ると
本名無視で勝手にネーミングされちゃうイメージがあるけど、
(みなさん!覚えてますか???ユーリ海老原
ちゃんと本名ありきで、その上こんな愛あるメッセージを込めた名前を付けてもらえるなんて。
三保ヶ関親方を含め、ますます応援したくなっちゃいます。

把瑠都くんの詳しい情報はコチラ↓
http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_meikan/
rikishi_joho/rikishi_2731.html

ぜひこれからも頑張って、良い成績を残して欲しいものです。
もしかすると今場所は、優勝もあるかも?!
楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月17日 (水)

024 私をドイツへ連れてって

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE�@�v�t��W.

きゃ〜〜☆☆☆ ツネ様 (≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)
あいかわらずステキだわ〜〜

近くに行ったら、すこぶるイイ香りがするに違いない( ̄ii ̄)
(小泉首相もタイゾーなんかより、ツネ様を議員にした方が良かったのに・・・。まっ 政界なんて魑魅魍魎うずまく世界に入って欲しくないけどねっ)

ツネ様は、嫁の前でオナラとか絶対しないんだろうなぁ〜〜
てゆーか、トイレ行かないね、たぶん!!

あぁ丸ビル、ぜったい行こっっっ。 ε- ( ̄・・ ̄)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

023 どーでもいいですよ♪


タイゾーの入籍。
タイゾーを熱く見上げるその妻
(カワイイけど)。
タイゾーの存在自体。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月14日 (日)

022 豆鉄砲を食らうとこでしたよ

GW中、我が家に珍客が。(またまたネタが古くてすみません)
子鳩だ。
Hato_1親鳩と飛行訓練をしている途中、我が家のビワの木に止まったまではいいが、そのまま飛び立てなくなったらしい。
身長156cmの私の目線の高さに、身動きできず止まっている。
しばらくは親鳩が誘導しようとしたり口移しでエサをやったり(すなわち自分ではエサが食べられないくらい幼いという事ですね)していたようだが、この子鳩ちゃん、どーにもこーにも動けない。
家族総出で庭の手入れをしていた事もあってか、親鳩はどこかへ飛び去ってしまった。

3、4時間経っても親鳩が帰って来る気配はなく、だんだん日が暮れて寒くなって来たのだろう、子鳩ちゃん、体をまぁるく膨らませて目を閉じてしまった。
体が小刻みに震えて、明らかに衰弱してきている。
このまま放っておけばドラ猫のエサにされるか、はたまた衰弱死か、どちらにせよ死んでしまうのは明白だ。

にっちもさっちもどーにもブルドッグ(鳥だけど)、仕方なく捕獲→保護作戦に移る事にした。
段ボール箱に細かく切った新聞紙を敷き詰める。
インフルが怖いので、ビニール手袋にマスクをして完全防備、
さぁ!!青島、確保だーーー!!!( by ギバちゃん)
と思ったら、出しゃばりな父、「オレがやる!!」
はいはい、そーですか、素手でやったらインフルの恐れがありますけど・・・
と言う間もなく、父が手を伸ばすと
バァッッッサーーーッッッ!!!
今まで身動きひとつしなかった子鳩ちゃんが、私目掛けて飛んで来た。
「ぎやゃぁあーーーっ」と避けたら、頭上のブドウ棚へ着地。ほっ。

何だ、飛べるじゃーん、じゃー放っておいても平気かな・・・と庭でバーベキューをやり出す一家。
そのままブドウ棚に止まっていられると肉に落とし物をされる or 焼き鳥になってしまいそうなので、再びしっぽを突ついて、今度は屋根の樋まで飛び立たせる。

そうこうしている内に、見限ってどこかへ飛んで行ったと思われた親鳩が帰って来た!
やはり鳩とはいえ、親子の情は厚いらしく、今まで聞いた事がないような切羽詰まった声で子を呼んでいる。
今まで、どこかに隠れて見守っていたのかな。

鳥類は苦手なのだが、動物親子の愛情を感じた1日であった。
その後、親子は無事に巣へと帰っていったようである。
めでたしめでたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

021 1192作ろう、鎌倉幕府

Daibutusama4月末日、友人と2人で鎌倉へ行ってきた。(ネタが古くてすみません)
目的は、フリーペーパー仲間で参加した『鎌倉路地フェスタ』
http://www.treep.jp/04/
の様子うかがい。

・・・の、はずだったのだが、鎌倉初心者の我ら2人。
私「鎌倉の大仏様、見た事ないから見てみたい!!」
友人「雰囲気のイイ竹林のお寺があるから、そこ行きたい!!」
とすっかり観光気分。
コクリコのクレープも食べたいなー、鎌倉宮って所もいろんな厄払いが出来て面白そうだよー、めったに来れないし、今日は目一杯見て回ろう!!と鼻息も荒く、まずは小動(こゆるぎ)神社へ行く事にした。見晴台からの眺めがすばらしく、湘南の海も見渡せるという。

江ノ電に乗り込んで海沿いの景色を眺めていると、何ともいえず爽やかな気分になった。
あぁ、鎌倉に来てるんだなぁーと実感。

腰越駅で下車し、駅員さんに道を聞いて「わ〜、海だよぉ〜」「ウインドサーフィンしてる〜、気持ちよさそう〜」「わ〜、しらす料理だって〜」とはしゃぎつつ神社に着くと、
「改修中につき、境内には入れません」との貼紙が・・・。
駅員さん・・・。だったらさっき教えてくれぇ〜。

見られないとなると、ますます見たくなる湘南の海。
仕方なしにてくてく近くの海辺を目指し、しばし砂と戯れてみる。
ちょっと気が済んだので、少し歩いたところの線路を渡り、やって来た電車に乗り込んだ。

江ノ島に行こうかとも思ったが、乗った電車が鎌倉行きだったので、私の希望で長谷駅で降りて大仏様を拝む事に。
鎌倉の大仏様は、青空のもと気持ち良さそうに鎮座していた。
中にも入れるというので、行列に並んで大仏様の体内へ。
出入口は狭いが、中は意外に広い。
大きなわらじも見て、うーん満足満足。
鎌倉に来たかいがあったってもんだわっ。

ついでに近くの長谷寺も訪れる事にした。
長谷寺は広い境内に眺望の良い散策路があり、いろんな花が咲き乱れ、きれいでとても落ち着く場所だ。
展望台から、山にかかる鯉のぼりまで見えた。
沢山の堂にもそれぞれ趣向(?)があって楽しめたし、とても気に入った。
駄菓子菓子!!
何よりもテンション急上昇↑だったのは、阿弥陀堂で厄除けろうそくを発見した時であった。
思いを込めてろうそくに名前を書き、神妙に供え拝む女2人。
全身から変なオーラが登り立っていたに違いない。
旅のピークは確実にここだったな・・・。
拝み終えて満足げな笑みを交わす、本厄(私)・前厄(友人)コンビであった—。

と、ここで大満足の内に旅を終えそうになったが、いかんいかん!!
真の目的は『鎌倉路地フェスタ』。作品を展示販売していただいているBOOK CAFE KINGさんにご挨拶に行かねばならん!!

鎌倉駅に戻り、鶴岡八幡宮を目指して小町通りへ。
コクリコのクレープをひとりで2つ抱えて食べ歩きしていたら、すれ違ったカップルの男に「・・・すげー・・・」と言われたさ。
・・・あなたの隣のかわいい彼女も、一皮剥けば同じなのよ。
覚えときなさいっ、きーーーっ。

鶴岡八幡宮にお参りし、大きな池の前でひと休み。
お昼からずっと歩き通しなので、さすがに疲れた。
ふと見ると、おじさんが池にエサを投げている。
コイかな?と近付くと、何とサッカーボールくらいのだった。Kameしかも沢山いるよ。
カメラを向けると、撮りやすいようにうまーく亀にエサを与えてくれる、優しいおじさん。
外国人のお兄ちゃんに「HEY、メーン!エサは何をあげてるんだい?」と聞かれて、
ちょっと恥ずかしそうに「・・・キャットフード」と答えていた。
その答えに、その場にいたみんながわはは、と笑って、しばし和みムードに包まれる。

さ〜て日も暮れて来たし、そろそろ帰ろうか〜と、またもや旅を終えそうになったが、いかんいかん!!
今度こそKINGさんにご挨拶に行かねば〜〜〜!!!

鎌倉宮への地図を頼りに、迷いながらKINGさんに辿り着いた時には、すでに18時過ぎ。
19時からのLIVEに備えて、リハーサルが始まっていた。
お邪魔になってはいけないので、作品展示のお礼もそこそこにお店を後に。
・・・あぁ、私ったら何しに行ったのかしら。迷惑かけに行ったようなものだよ・・・。
友人が、私の作ったポストカードを買ってくれたのだけが救いだわ。
ありがとうぅーーー。
Card
そんなこんなで、
今回お世話になった BOOK CAFE KING さんの情報はコチラ↓
http://www.treep.jp/2006/04/bookcafe_king.html

鎌倉の落ち着きに合う、隠れ家的でとてもステキなお店です。
鎌倉宮を頼りに、ぜひ行ってみて下さいねー。ぐわくく。

BOOK CAFE KING
鎌倉市二階堂27−12
TEL 0467-22-3300
営業時間:12:00-24:00
定休日:水曜日

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月 7日 (日)

020 うちら陽気なかしまし娘

テレビ朝日『旅の香り』を観た。
本当に行きたいと思える旅をさらりと案内
年齢性別を問わず安心して観ていられる番組なので、家族と一緒の時はよくチャンネルを合わせる。
ヒロシのコーナーも
面白くて好きだったりする。
『からくりTV』は、面白さに毎回ばらつきがあるからな〜。

今回の旅人は、かしまし娘のお三方。
春の近江路をお約束通り「かしましく」旅する三姉妹、年を取ってますます仲良くなっているそうな。
花いっぱいの滋賀の旅と共に、三姉妹という関係性がとってもうらやましく、輝いて見えた。

ドラマ『向田邦子の恋文』もそうだが、 三姉妹というものにすごく憧れを感じる(風間三姉妹は別として)。
私には兄弟しかいないので姉妹という関係は想像するしかないが、家族でもあり、友達でもあり、先輩でも後輩でもあり、といったところだろうか。
昔は「お姉ちゃんと買物に行く」
「妹と服の貸し借りをする」とか「姉妹で自分では出来ない箇所のムダ毛処理をし合う」(こらっ)とか、表面的な行為や物質的な事に憧れていた気がするが、それなりに年齢を重ねた今は、むしろ精神的なもの、自分を無条件で受け止め寄り添ってくれる、その存在自体に激しく憧れる。
三姉妹ということは、
そんな宝石のような存在が二人も隣にいる、という事だ。
なんて素晴らしい事か!

三姉妹だったら、絶対「真ん中の次女」がいいなー。
一番好き勝手、自由にできそう。
って、これについては全国の
「真ん中・次女」から反論がありそうですが・・・

全国の三姉妹さん!!
お互い労り合って、いつまでも仲良くねっ。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ