2006年5月14日 (日)

022 豆鉄砲を食らうとこでしたよ

GW中、我が家に珍客が。(またまたネタが古くてすみません)
子鳩だ。
Hato_1親鳩と飛行訓練をしている途中、我が家のビワの木に止まったまではいいが、そのまま飛び立てなくなったらしい。
身長156cmの私の目線の高さに、身動きできず止まっている。
しばらくは親鳩が誘導しようとしたり口移しでエサをやったり(すなわち自分ではエサが食べられないくらい幼いという事ですね)していたようだが、この子鳩ちゃん、どーにもこーにも動けない。
家族総出で庭の手入れをしていた事もあってか、親鳩はどこかへ飛び去ってしまった。

3、4時間経っても親鳩が帰って来る気配はなく、だんだん日が暮れて寒くなって来たのだろう、子鳩ちゃん、体をまぁるく膨らませて目を閉じてしまった。
体が小刻みに震えて、明らかに衰弱してきている。
このまま放っておけばドラ猫のエサにされるか、はたまた衰弱死か、どちらにせよ死んでしまうのは明白だ。

にっちもさっちもどーにもブルドッグ(鳥だけど)、仕方なく捕獲→保護作戦に移る事にした。
段ボール箱に細かく切った新聞紙を敷き詰める。
インフルが怖いので、ビニール手袋にマスクをして完全防備、
さぁ!!青島、確保だーーー!!!( by ギバちゃん)
と思ったら、出しゃばりな父、「オレがやる!!」
はいはい、そーですか、素手でやったらインフルの恐れがありますけど・・・
と言う間もなく、父が手を伸ばすと
バァッッッサーーーッッッ!!!
今まで身動きひとつしなかった子鳩ちゃんが、私目掛けて飛んで来た。
「ぎやゃぁあーーーっ」と避けたら、頭上のブドウ棚へ着地。ほっ。

何だ、飛べるじゃーん、じゃー放っておいても平気かな・・・と庭でバーベキューをやり出す一家。
そのままブドウ棚に止まっていられると肉に落とし物をされる or 焼き鳥になってしまいそうなので、再びしっぽを突ついて、今度は屋根の樋まで飛び立たせる。

そうこうしている内に、見限ってどこかへ飛んで行ったと思われた親鳩が帰って来た!
やはり鳩とはいえ、親子の情は厚いらしく、今まで聞いた事がないような切羽詰まった声で子を呼んでいる。
今まで、どこかに隠れて見守っていたのかな。

鳥類は苦手なのだが、動物親子の愛情を感じた1日であった。
その後、親子は無事に巣へと帰っていったようである。
めでたしめでたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

021 1192作ろう、鎌倉幕府

Daibutusama4月末日、友人と2人で鎌倉へ行ってきた。(ネタが古くてすみません)
目的は、フリーペーパー仲間で参加した『鎌倉路地フェスタ』
http://www.treep.jp/04/
の様子うかがい。

・・・の、はずだったのだが、鎌倉初心者の我ら2人。
私「鎌倉の大仏様、見た事ないから見てみたい!!」
友人「雰囲気のイイ竹林のお寺があるから、そこ行きたい!!」
とすっかり観光気分。
コクリコのクレープも食べたいなー、鎌倉宮って所もいろんな厄払いが出来て面白そうだよー、めったに来れないし、今日は目一杯見て回ろう!!と鼻息も荒く、まずは小動(こゆるぎ)神社へ行く事にした。見晴台からの眺めがすばらしく、湘南の海も見渡せるという。

江ノ電に乗り込んで海沿いの景色を眺めていると、何ともいえず爽やかな気分になった。
あぁ、鎌倉に来てるんだなぁーと実感。

腰越駅で下車し、駅員さんに道を聞いて「わ〜、海だよぉ〜」「ウインドサーフィンしてる〜、気持ちよさそう〜」「わ〜、しらす料理だって〜」とはしゃぎつつ神社に着くと、
「改修中につき、境内には入れません」との貼紙が・・・。
駅員さん・・・。だったらさっき教えてくれぇ〜。

見られないとなると、ますます見たくなる湘南の海。
仕方なしにてくてく近くの海辺を目指し、しばし砂と戯れてみる。
ちょっと気が済んだので、少し歩いたところの線路を渡り、やって来た電車に乗り込んだ。

江ノ島に行こうかとも思ったが、乗った電車が鎌倉行きだったので、私の希望で長谷駅で降りて大仏様を拝む事に。
鎌倉の大仏様は、青空のもと気持ち良さそうに鎮座していた。
中にも入れるというので、行列に並んで大仏様の体内へ。
出入口は狭いが、中は意外に広い。
大きなわらじも見て、うーん満足満足。
鎌倉に来たかいがあったってもんだわっ。

ついでに近くの長谷寺も訪れる事にした。
長谷寺は広い境内に眺望の良い散策路があり、いろんな花が咲き乱れ、きれいでとても落ち着く場所だ。
展望台から、山にかかる鯉のぼりまで見えた。
沢山の堂にもそれぞれ趣向(?)があって楽しめたし、とても気に入った。
駄菓子菓子!!
何よりもテンション急上昇↑だったのは、阿弥陀堂で厄除けろうそくを発見した時であった。
思いを込めてろうそくに名前を書き、神妙に供え拝む女2人。
全身から変なオーラが登り立っていたに違いない。
旅のピークは確実にここだったな・・・。
拝み終えて満足げな笑みを交わす、本厄(私)・前厄(友人)コンビであった—。

と、ここで大満足の内に旅を終えそうになったが、いかんいかん!!
真の目的は『鎌倉路地フェスタ』。作品を展示販売していただいているBOOK CAFE KINGさんにご挨拶に行かねばならん!!

鎌倉駅に戻り、鶴岡八幡宮を目指して小町通りへ。
コクリコのクレープをひとりで2つ抱えて食べ歩きしていたら、すれ違ったカップルの男に「・・・すげー・・・」と言われたさ。
・・・あなたの隣のかわいい彼女も、一皮剥けば同じなのよ。
覚えときなさいっ、きーーーっ。

鶴岡八幡宮にお参りし、大きな池の前でひと休み。
お昼からずっと歩き通しなので、さすがに疲れた。
ふと見ると、おじさんが池にエサを投げている。
コイかな?と近付くと、何とサッカーボールくらいのだった。Kameしかも沢山いるよ。
カメラを向けると、撮りやすいようにうまーく亀にエサを与えてくれる、優しいおじさん。
外国人のお兄ちゃんに「HEY、メーン!エサは何をあげてるんだい?」と聞かれて、
ちょっと恥ずかしそうに「・・・キャットフード」と答えていた。
その答えに、その場にいたみんながわはは、と笑って、しばし和みムードに包まれる。

さ〜て日も暮れて来たし、そろそろ帰ろうか〜と、またもや旅を終えそうになったが、いかんいかん!!
今度こそKINGさんにご挨拶に行かねば〜〜〜!!!

鎌倉宮への地図を頼りに、迷いながらKINGさんに辿り着いた時には、すでに18時過ぎ。
19時からのLIVEに備えて、リハーサルが始まっていた。
お邪魔になってはいけないので、作品展示のお礼もそこそこにお店を後に。
・・・あぁ、私ったら何しに行ったのかしら。迷惑かけに行ったようなものだよ・・・。
友人が、私の作ったポストカードを買ってくれたのだけが救いだわ。
ありがとうぅーーー。
Card
そんなこんなで、
今回お世話になった BOOK CAFE KING さんの情報はコチラ↓
http://www.treep.jp/2006/04/bookcafe_king.html

鎌倉の落ち着きに合う、隠れ家的でとてもステキなお店です。
鎌倉宮を頼りに、ぜひ行ってみて下さいねー。ぐわくく。

BOOK CAFE KING
鎌倉市二階堂27−12
TEL 0467-22-3300
営業時間:12:00-24:00
定休日:水曜日

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年3月29日 (水)

017 明日、春が来たら

Sakura_7_1日本には四季がございます。
中でも、春はお花見・秋は紅葉狩りをしないと、何かその1年物足りない気がする私。
今年もいろんな人の想いをのせて、桜は咲きます。

というワケで、26日(日)新宿御苑にお花見に行ってきました!!
別名“松たか子ファンの集い 2006”。
テーマソングはもちろん『明日、春が来たら』(笑)。
昨年の花見シーズンに「“明日、春が来たら”名曲だよね〜!」と盛り上がり、以来“松たか子ファンの集い”と、勝手に命名。(だったよね?はげ子さん)
“ファンの集い”には欠かせないお二人、通称・すらっくすさん&通称・はげ子さんに、あーでもないこーでもないと買い出しに付き合ってもらい、いざ!!お昼の新宿御苑へ。
ゆるゆるとメンバーが集い始めたところで、お花見らしくピンク色のスパークリングワインで乾杯。

早起きして皆のためにサンドイッチとパキスタンチキンを作って来てくれたり、コップやお手拭きを準備して来てくれたり、皆のお酒を持参して来てくれたり、みんなのおかげでとっても美味しい&楽しい宴となりました。
そりゃオヤジギャグもでますよ。ねぇ?はげ子さん(笑)
程よく酔っぱらっていたらしく、どんな会話が繰り広げられていたのかあまり覚えてないのですが・・・。
広い空の下、大人数で食べたり飲んだりってホント気持ちいい
(花曇りだったけどね)。
みんな、ありがとう!!また来年も開催しましょうね。

ちなみに恒例『ヤマザキ春のパンまつり』。
モーニングプレート、あと12点の所まで来ました!!いえ〜い♪
そんな私をよそに、フジパンやらパスコやらの食パンを買って来る母・・・・・。

ふぬぅぅぅぅぅ〜〜〜。

※ちなみに写真はどちらも昨年の新宿御苑の様子です。あしからず。
Sakura_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

016 そんなこと論じられても

Hojihoji_1本日の朝日新聞1面に、驚愕の広告が!!

『鼻ほじり論序説』ローランド・フリケット[著]/難波道明[訳]

人類史上最古、最高の快楽「鼻ほじり」。
鼻ほじりのテクニック、鼻ほじりの豆知識、絵画、詩、歌の中の鼻ほじりまで、
その深くて豊かな愉悦の世界に貴方を誘う手引書。イラスト多数。

 バジリコ株式会社http://www.basilico.co.jp/publishing/901784-97-8.html

これ、1面の下に大真面目に載ってました。
世の中、いろんな探究の道があるものですね・・・。

鼻ほじり論序説

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

014 怪奇!!ホクロ女

10日前位から左の眉の中にニキビ、
もとい吹き出物が出来てしまい
「痛いよぉ〜、まさに目の上の吹き出物(=目障り)・・・。」
と、思っていたら!!


最近、何とそれがホクロに変身していた。

私は右眉の中心にもともとホクロがあったのだが、
驚く事に今回出来たホクロもまた左眉の中心、
つまり左右の眉の同じ位置にホクロが出来た事になる。

・・・これって、スゴくないですか?!
生まれつき、どちらにもあったならまだわかるけど、
この歳になって突然ッスよ?!
・・・しかも、マユゲのなかって・・・・・・・。

えええええええぇーーーーーーーんっっっ!!!!!
コワイよコワイよおぉ〜〜〜 怪奇現象だよおぉ〜〜〜っ

い、いや待て!!
「左右対称なのは、遺伝子的に良い」って聞いた気がする!!
「良い遺伝子を持っている」=「モテる」って、聞いた事ある気がするっ!!

えっ何々?!?!
神さまったら、負け犬街道一直線の私をフビンに思って、
とうとう手を差し伸べてくれようとしているのかしら?!?!


・・・・マユゲの中のホクロによって???・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え〜ん。(T_T)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

008 前略、道の上より

Tabaco
渋谷にて。

道路のポールが、たばこに変身してました。

クリエイティブなあなたにラッキーストライク

| | コメント (4)

007 春爛漫だ〜

HanakoHachiko我が家の庭のネクタリン
(母に確認したら梅でした)に、花が咲きました。
そしてミツバチがやってきました。

よし、がんばって美味しい果実をならせてくれ。
美味しいハチミツもよろしくな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

005 背中でコロす、ニクい奴

木曜日。
表参道駅で精算をする、オシャレな外国男性3人組。

紺色ジャージを着こなしたひとりの背中には

ひらがなで
あきばぶとプリントしてあった。

・・・・・・・・・・あの・・・・・・・・・・。
「あきばぶ」って・・・何ですか・・・・・???

迷宮入りは確実です・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)